喫煙者はインプラントには不向きです

喫煙者はインプラントには不向きです

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は小さくないと覚悟してください。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の一大関門となります。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は相当の妨げになります。

インプラント治療の成功をねがうなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。
残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、おぼえておきましょう。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術を受けても、大して痛くないのが普通です。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めと供に、痛み止めも処方されていますので痛みを我慢できないというケースはほとんどないのです。「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

なので、抜歯してしまって歯がない場合は差し歯は利用しようがないということです。
さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術がおこなわれます。差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。代表的なインプラント適用のケースは、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。たとえば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、1回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという事情のケースなら、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行ないます。その部品の接続構造により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。そして、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、2つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。治療をはじめる前に必ずしるべ聴ことですが、インプラント治療は治療費を確保してからはじめなければなりません。
保険適用の可能性もゼロではないのですが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。自費診療としてはじめるしかないのがどうしても高額になってしまう原因(どうがんばってもわからないことも少なくありません)です。インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは治療全体で、その数倍の費用が必要になることを覚悟した上ではじめなければなりません。皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはないのですが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。
要するに、メンテナンスがしっかりおこなわれていればすさまじく長い間保たせることができるのですが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。

コメントは受け付けていません。